口コミ王国

お値段以上を期待して・・・!資生堂「マスカラアンテグラル」

つけまつげをモリモリに「ツケマツル」年代ではないので、マスカラで何とかモリッと感と、バチバチ感が出せたら・・・と常々思っています。

ですので、化粧水や乳液などの基礎化粧品は、同一メーカーを愛用しているのですが、マスカラにおいては、ドラッグストア等で、サンプルを使ってまあまあの使用感のもの、ケースの説明書きやキャッチコピーを読んで気になったものを、メーカー問わず今使用しているところです。

ですが、今まで残念ながら「これ!」と人に薦めるまでの商品に出会ったことがなく、あといつも感じるのは、なぜにマスカラって、中身がすぐに無くなってしまうの・・・
一体どれくらいの「液」があの細い棒の中に入っているのか確かめてみたくなります。

ショッピングセンターの各化粧品メーカーのブースをぶらぶらと、マスカラ視察?していたときのこと。

資生堂の店員さんが「それなら是非!」と薦めてくれたのが、「マスカラアンテグラル」というマスカラ。お値段5250円。

五千円?!と思わず口から出てしまい、正直そこまでマスカラに投資したことはない旨を話すと、
「そうですよね・・・でもこれ本当にお薦めなんです。仕上がりも満足していただけると思いますよ!」と自信満々です。

でもどうしてもあのわずかな?液しか入っていないだろうマスカラに五千円も出すのに躊躇し、そのまま帰ることになりました。

家に帰り、ネットの口コミをチェックしてみると・・・評価かなり高いじゃないですか!

よし、これ、使ってみよう!
私にとっては、今までで一番高価なマスカラになりますが、きっと「お値段以上」だと信じています。
毛の成長段階には、成長期、退行期、休止期の3つの状態。この3つの成長段階が毛の生え変わるサイクルで、毛周期といいます。脱毛サロンの期間、成長期から次の成長期までの毛周期の期間が1~3か月として2~3か月毎に施術する必要があります。http://www.lahainanet.com/

ビューナの薬用Wホワイトニング白で真っ白なお肌へ

私は最近、美白ケアに力を入れています。

今年は11月まで日差しがとても強くて、春から秋までかなりの量の紫外線を浴びてきたので、シミでお肌がくすんでいたので何とかしなければと決心したのです。

いろいろな化粧品を調べて、私が見つけたのがビューナの薬用Wホワイトニング白(ましろ)です。

ネーミングが何だか美白に効きそうな響きだったので、すぐにこれだっと直感で選びました。

この美容液には、美肌に欠かせない凍結酵素抽出プラセンタと美白のための水溶性ビタミンCがたっぷりと含まれています。

プラセンタやビタミンCの濃度の濃い原液を使っているので、角層まで届きながらシミの原因を根本から改善してくれるのです。

私は使い始めてちょうど1週間目ぐらいに、少しくすみが取れてお肌のトーンが明るくなってきたみたいです。

ソフトでなめらかな肌触りの美容液が、吸い付くようにお肌の奥へと浸透していくのを感じる事ができます。

この美容液を1本使い終わる時の、お肌の状態が楽しみです。
 

高濃度美容液でエイジレスな素肌を実現する喜び

私は、35歳以上の方へというフレーズでカタログに紹介されていた高濃度美容液に興味を持って、ちょっとお値段が張りましたがそれに賭けてみる事にしました。

それは、自然派clubサスティのタナカEGエッセンスという高濃度美容液です。

これはEGF様成分(水溶性プロテオグリカン)、フラーレン、コラーゲン、、プラセンタ、ヒアルロン酸、エラスチン、セラミド等の高級美容成分が高濃度に含まれた贅沢な大人の女性のための美容液なのです。

同じセラミドでもよりお肌の奥への浸透性を高めるために、3種類のセラミドを配合しています。

塗ったとたんにぴーんとしたハリ感を感じながら、眠っている間中ずっと潤いをキープしながら朝を迎える事ができます。

使えば使うほど、その効果は目に見えるように現れてくるのです。

特にわかるのは、目の周りです。

何だか疲れていたように見えていた目元が、ぱっちりしてきて数歳若返ったような嬉しい実感を得る事ができました。
お値段だけの価値はありました。 

唇荒れするから口紅は使えない、色つきリップで唇にカラーを。

口紅やグロスを使うと、必ず唇が荒れます。
普段、唇には、リップクリーム代わりに、ヴァセリンを塗っています。
去年までは、目を強調したメイクが主流だったので、唇には色がなくてもまあいいかと思っていました。
しかし、今年に入って、唇メイクが復活の兆しです。
唇にカラーが欲しい、でも口紅を使うと唇の皮がめくれたり、水泡ができたりするのがコワいです。
一度唇が荒れると、なかなか元には戻りません。
唇を刺激しないでメイクを楽しみたい、何かいいものはないかと考えに考えて、色つきリップというものがあったことを思い出しました。
中学生の頃、メイクにあこがれて、使っていたアレです。
今でもそんな商品、販売されているのかなと、ドラッグストアに探しに行きました。
私のように唇荒れに悩む人が世の中には多いのでしょうか。
意外にもたくさんの種類の色つきリップが販売されていました。

その中でも一番刺激の少なそうなキスミーモイストリップを選びました。
これがなかなかの優れものです。
1本298円、コストパフォーマンスも◎です。
IWC買取ならKAITORIMAN